はっぴーまっく

ワンランク上のICT活用でカシコク生き抜くための情報メディア。「LIVE SMART with ICT」がテーマです。

ソーシャルメディア 記事

簡単にFacebookの公開範囲を変更する方法を書く

投稿日:2012年1月25日 更新日:

facebookiphone.png簡単にFacebookの公開範囲を変更する方法を急遽書くことにした。

理由はコレ。

Facebookのタイムライン、数週間で全ユーザーに適用へ

というニュース。

嫌な予感がしたので、自分のタイムラインを見てみた。

なるほど、見直して良かった。タイムラインでは結構な情報が一般公開されていたことに初めて気が付いて、公開範囲をいそいそと変更。無事、事なきを得そうです。

変更方法は、おおざっぱにはこんな感じの手順。他のやり方があるかもしれないですが、ご参考までに。

自分のタイムラインがどんな風に見えてるか確認する

1. Facebookにて自分の名前をクリックしてタイムラインを表示
2. そのときのURLをコピーしておく(あとでアクセスするので)
3. ログアウトする
4. 2.でコピーしたURLへアクセス

これで自分のタイムラインが友だちじゃない人たちにどのように見えているか確認。これをベースにどこの項目をどこまで見せるか見当を付けます。

次に、公開範囲を変更する方法です。

公開範囲の変更方法

1. (ログインしてから)再び自分のタイムラインURLへアクセス

2. 右側にある「基本データを編集」ボタンを押す(英語だと「Update Info」)
Facebook_edot01.png

3. 左上にある「基本データ」(英語だと「about」)ボタンを押して、編集したいデータを選ぶ。基本的に「基本データ」と「いいね!」に見せたい範囲を決めたいデータがありそうです。

Facebook_edit02.png

4. 「編集」ボタンを押し、公開範囲を選びます(公開、友達、自分のみなど)

Facebook_edit03.png

5. 「編集を終了」ボタンを押してその項目の編集を終える
6. 3~5を繰り返す。


以上です。

僕の場合、何に興味があるかまでは一般公開していてよかったのですが、自分が「いいね!」を押した対象が全部出ていて、これはヤバイと思い公開範囲を限定しました。ふぅ、これで一安心。

思いも寄らない個人情報がおっぴろげ~状態になったらFacebookはどうしてくれるんですかね。「ちゃんと設定してない方が悪い」ってことはないよう祈るばかりですよ。

メールでギフト券を送る

●記事を気に入って頂けましたら
Amazon好きの管理人へAmazonのEメールギフト券を送ってもらえると嬉しいです!
かんたんに15円から1円単位でお送り頂けますので、ほんの少しでも大感謝です^^
受取人のEメールアドレス:gift@happymac.net
※受取人や送り主、メッセージは空白可です。

-ソーシャルメディア, 記事
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Google+

Google+の投稿がブログなどに埋め込めるように

どうも、リョウサトウ(@ryosatony)です!Google+の投稿がウェブサイト、ブログなどに埋め込めるようになりました。 投稿の右上のオプションメニューに「投稿を埋め込む」という項目が増えていま …

Talking on the Phone by Marjan Lazarevski, on Flickr

あまり電話をしない人がスマホで通話料を最安にする方法

なるべく通話にお金かけたくない どうも、リョウサトウ(@ryosatony)です!ボクはどうしても通話にお金かけたくないんですよ。 過去にこんな投稿もしてるので、いかに電話にコストをかけたくないかおわ …

はっぴーまっく

iOS, Mac, Winの複数ブラウザでブックマークを共有するためにiCloud & Xmarks(同期アプリ)と格闘した24時間

複数のデバイスでウェブサイトをブラウジングするためには、ブラウザのブックマークがどれも最新になっていないと気が済まない。というかそうでないと凄まじく不便である。 そこで便利なのがiCloudのブックマ …

はっぴーまっく

ヤマダ電機WEB.COM「ヤマダは安心価格保証」を試した

欲しい商品があったので、前からやってみたかったヤマダ電機WEB.COMのチャットで価格交渉をする「ヤマダは安心価格保証」を実際にやってみました。他店より安いものがあれば、差額をポイントで提供する、すな …

はっぴーまっく

Steve Jobs、今まで本当にありがとうございました。そして安らかに。

もはや言葉になりません。尊敬してやまない、Apple創業者、Steve Jobsが56歳という若さで亡くなりました。 生きているときでさえ、もはやレジェンドであり、このまま僕らの生活にとってかけがえの …