記事 電話代を0に近づける

Google Voice Numberをゲット

投稿日:2011年8月9日 更新日:

Google Voice Numberをゲットした!

Google Voice Numberとは、Googleが無料で提供してくれる電話番号のこと。GoogleはGoogle Voiceという電話の総合サービスを提供しており、その中のサービスの一つ。この電話番号をもっていれば、Google Voiceを通じて電話したときに相手にその番号が表示される。

実はこれ、まだ日本からは入手できない。日本の電話番号は提供されていないからだ。Google Voiceのサービスはようやく開始されたため、電話をすることはできる。しかも格安だ(固定電話へは1分あたり$0.02、携帯電話へは$0.11という安さ!)。ただ、番号を持ってないのでナンバーディスプレイが普通の日本では相手に出てもらえない可能性もあるが、とにかくこの安さは魅力。

今回このGoogle Voice Numberを日本に居ながら取得することに挑戦。いろんなツールを組み合わせる事に依って意外と簡単に取得できました。

やり方はここにあらかた載っているので参考にしてもらえればと思います。

日本からアメリカの電話番号を無料で取得しGoogle Voiceに登録する為の簡単マニュアル

さて、これで何が実現されるか?ざっとあげるとこんな感じ。

・アメリカ、カナダからの電話が無料で受けられる
・アメリカ、カナダへの電話を無料で掛けられる
・日本への電話を日本の電話会社よりも格安で電話を掛けられる(国際電話にもかかわらず!)

Google Voice料金表

つまりは、日本に居ながらあたかもアメリカにいるかのように電話を受けられ、国際電話にも関わらず日本へやすく電話をかけられるというわけ。

Skypeも同じようなことができるのだが、番号の取得には実質お金がかかる。月々の支払いかプリペイドで通話料を最初に最低$10チャージしておく必要がある。このチャージが影響的に使えるのならこれもありなのだが、残念ながら一定期間使わないと消滅してしまう。

ちなみにGoogle Voiceでも日本へ掛ける場合は有料なので、最低$10のCreditチャージが必要。そしてそのCreditは最終利用日から6ヶ月間有効。この辺はSkypeと一緒のようです。

パソコンからは比較的自由度が高く、だいたいどんなこともできるのだが、iPhoneなどモバイル化するにあたってはいろいろ制約があったり、自由度がグンと狭まる。そこで、次はいかにiPhoneでGoogle Voiceを活用するかにフォーカスして調べて行きたいと思っています。

[qa]

-記事, 電話代を0に近づける

執筆者:


  1. […] “はっぴーまっくネット » Google Voice Numberをゲット” http://happymac.net/archives/71 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

はっぴーまっく

Core i5のNew MacBook Airを買ったった

新しいMacBook Airを買ってしまった…。 ほんの出来心だった。つい昨夜、「そういや、自分のMBAはいくらくらいで売れるんだろ」と何となく思い立ってSofmap.comで買い取り価格を調べたとこ …

住信SBI 新生銀行 ジャパンネット銀行のカード

もう悩む必要なし!何回でもコンビニATM手数料を気にせず利用できる方法

どうも、リョウサトウ(@ryosatony)です!みなさんはコンビニATMを利用する方ですか? コンビニATMって便利なんですが、ボクはめちゃくちゃ手数料を気にする人なので、正直怖くてあまり使えないん …

はっぴーまっく

Bitcasa続報。容量無制限のカラクリってまさか…!?[1/18追記あり]

引き続きBitcasaを試しているのだが、妙な状況になったので一応書いておく。 実は100GB超えデータをアップロードしていたのだが… その途中で「起動ディスクの容量がない」という警告がでたので、慌て …

Google+

人の温もりがあるGoogle+で楽しい時を。~Google+初歩の初歩・準備編~

はじめに どうも、リョウサトウ(@ryosatony)です!Google+が一般公開され、Google検索サイトのTOPにもプロモーションされましたので、「Google+って何?」って人も多くなってき …

Google+

Google+の投稿がブログなどに埋め込めるように

どうも、リョウサトウ(@ryosatony)です!Google+の投稿がウェブサイト、ブログなどに埋め込めるようになりました。 投稿の右上のオプションメニューに「投稿を埋め込む」という項目が増えていま …