はっぴーまっく

ワンランク上のICT活用でカシコク生き抜くための情報メディア。「LIVE SMART with ICT」がテーマです。

スマホ・タブレット ソーシャルメディア ライフハック 記事

スマートフォンは人を幸せにしない 〜海に投げ捨てよう〜

投稿日:2013年4月12日 更新日:

スマートフォンのおかげで、いろんなことが便利になった。あらゆる場所であらゆることができる。買い物、ゲーム、コミュニケーション、キーボードを繋げば仕事だってできる。本当に、本当に便利でスマホなしでの生活は考えられない。

一方でスマートフォンに頼り過ぎる今の便利な生活は、ボクらにいろいろな影響を及ぼしている。

スマートフォンはコミュニケーションの道具であるし、遊び道具、はたまた仕事の道具でもある。いつでも誰かから連絡があったり、ゲームができるという誘惑がいつもつきまとう。気がつけばいつもスマートフォンをポチポチしてる。そんな生活はボクらにとってどんな影響があるのか。ちょっと考えてみた。

大量な時間を取られ、心を奪うスマートフォン

その確固たる良い例はソーシャルゲームだ。レアカードを手に入れたり、敵と戦って強くなったりするあの手のゲームは、無課金でもそこそこ遊べてしまうので始末が悪い。いつの間にかお金をつぎ込むことになるのもあるが、一番怖いのはかなりの時間を取られてしまうこと。

ボクがやったゲームはただ画面をぽんぽん指で軽くタッチするだけ、画面を見なくてもできるくらい簡単なゲームだった。だからスキマ時間に簡単にできるので、ゲームが進みレベルが上がるにつれてどんどんハマっていき、スキマ時間だけでは済まない時間が奪われていった。

このゲームで得られるのは、自分のお気に入りのカードが強くなって敵に大きなダメージを与えられる満足感だ。しかしこの満足感はすぐに過去のモノとなる。もっと強くなりたい、他のカードを強くしてもっと強くなりたいと願う。常に欲求不満が続く状態になってしまった。こうなるとなかなか抜け出せないのだ。

そしてコミュニケーションツール。電話やメール、LINE、Skype。そしてTwitter、Facebook、Googleなどのソーシャルメディアなどこれらコミュニケーションツールは世界中どこにいても、誰かと繋がり、連絡し合える最高に便利なツール。今までの友だちとさらに仲良くなったり、知らない人と知り合いになったり、人と人とのネットワークが広がった人も大勢いるのではないだろうか。

誰かのメールや投稿を眺めてたり、チャットするのは無駄に楽しい。相手が今どんなことをしているかを知ったり、そして自分がしてることを誰かに知ってもらうことができるのは、いつでもどこでも連絡が取れるスマートフォンならでは。ちょっとのつもりがあっという間に時間が過ぎてしまってる。楽しい時間というのは時間が経つのがものすごく速いのだ。

気が付けばいつもTL、ストリーム、ウォール、チャット画面を眺めている。自分のやってることを投稿せずにはいられない。自分がどこにいるかチェックインせずにはいられない。そういったソーシャルという場から離れられなくなると、片手に常にスマートフォンがないと落ち着かない状況になってしまう。

スマートフォンがもたらす小さな幸せと奪われる大きな幸せ

スマートフォンさえあれば、どんなに退屈な時間も楽しい時間になる。しかしその楽しさというのは人生においてどれだけの幸せをもたらしてくれるだろう。失われた時間に対して割に合うのだろうか。

スマートフォンの最も大きな弊害は、リアルがおろそかになるということだ。画面を見る視覚、音を聞く聴覚がいとも簡単にこの小さなデバイスに奪われてしまう。それはすなわち脳のはたらきも奪われてしまうことを意味する。

実はこの現象はスマートフォンを弄ってるときだけじゃ済まない。

仕事をしてても誰か何をしてるか知りたくなったり、ゲームの続きが気になって仕方がなかったり。時間だけでなく、心も奪われてしまう。まさに中毒の状態である。

結局のところスマートフォンがもたらす最も有害な影響はリアルへの集中力が散漫になることだ。スマートフォンで得られる小さな幸せのために、リアルで得られるはずの大きな幸せが奪われていることに気がつかないのだ。

リアルで得られるはずの大きな幸せとは?

リアルで得られるはずの大きな幸せとは何か。それは家族との時間、友だちとの時間、仕事の時間、趣味の時間、そして何より「大事な何かを考える時間」と「何も考えない時間」。その中で得られるはずの幸せがスマートフォンの小さな画面によって大幅に奪われている。

ボクはスマートフォンをいつも身につけていた。どこでも何でもできるスマートフォンが大好きで、肌身離さず持っていた。まさに中毒者である。これがないといられない身体になってしまっていた。

しかし、そのために多くのことが疎かになっていることに気が付いた。家族や友だちとの会話に身が入らなかったり、仕事に身が入らなかったり。そして趣味である映画鑑賞や読書をほとんどしなくなっていた。音楽こそながら聴きができたものの、「じっくり音楽を楽しむ」習慣がなくなっていた。

リアルが疎かになってしまい、本来楽しめるはずのことを楽しめなくなっていたのだ。

「自分はそんなことないよ」と思うかもしれない。

試しに、数時間だけスマートフォンを封印して(持ち歩かない)、頭からスマートフォンの存在を消してみて欲しい。スマートフォンのない生活をしてみて欲しい。

ボクの場合、特に効果テキメンだった。

●家族との会話に集中できるようになった
●ぼーっとする時間ができて気持ちが楽になった
●「集中して」勉強できるようになった
●ぼんやり考え事をしていいアイデアが浮かぶようになった

つまり、自分の五感がリアルに集中できるようになって、いろいろな感じる力、集中力が戻ってきたのである。

…これってスマートフォンを使ってなかった時代に、自然にできたことばかりじゃないか!!

スマートフォンがない方が人は幸せになれるのだ。こんな危ないもの、海に投げ捨ててしまった方がいい。小さな幸せのために、多くの貴重な時間が奪われてしまった。これは許し難い大罪である。

もちろんコミュニケーションやゲーム以外にもいろんなことで役に立つツールでもある。今さらスマートフォンのない生活には戻れないだろう。しかしこの便利さが人を不幸にすることも確かな事実なのだ。それも自覚症状がないだけに、非常に質が悪い。

では、どうするか。解決法はあるのか。

本当に必要な場合を除き、とにかく触らないようにするしかない。要は頭からスマートフォンの存在を消すだけなのだが、ポケットに入っているとこんな簡単なことが異常なほど難しい。気持ちを空っぽにするためには、どうやらスマートフォンから遠く離れるしかないようである。

だから、やはり海に投げ捨ててしまおう。

ということで、自戒も込めてスマートフォンがもたらす許し難い弊害を書いて、このコラムの締めとしよう。

スマートフォンの大罪
●スマートフォンはリアルをおろそかにさせる
●スマートフォンは小さな幸せをもたらすが大きな幸せを奪う
●スマートフォンは遠くの人と仲良くなれるが、近くの(リアルな)人との関係を壊す
●スマートフォンは時間の大泥棒

The following two tabs change content below.

リョウサトウ

ICTリテラシー教育のNPO法人ワンダフルジャパン代表理事。将来が不安な社会でも誰もが楽しい人生を送れるよう、ICT活用能力を育成する事業を展開しています。

-スマホ・タブレット, ソーシャルメディア, ライフハック, 記事
-, , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


  1. その通りだ!!(T_T)インターネットは便利なだけで実社会や何かに頑張ってる人はインターネットよりも現実の自分自身と向き合う事で夢や希望を持って行動が出来ます!!(T_T)人生とは機械じゃなく己で築いて行くものだ!!(T_T)成功とは、金だけじゃなく物事に遣り甲斐や生き甲斐、経験や体験、達成感等が合って始めて人として成長も出来るのだ!!(^_^)インターネットでは現実逃避も出来るのだ!!(T_T)人生に全うするならば自分自身に勝てなくては為らない!!(^_^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

はっぴーまっく

[Mac]フォトストリームにあるiPhoneで撮った画像をiPhotoを読み込まずに直接Finderからいじる方法

iPhoneで撮った画像は、iCloudとiPhotoを利用していればiCloud経由にてフォトストリーム(Photo Stream)に蓄積されていくが、そこにある画像をiPhotoを読み込まずに直接 …

ID検索

LINEのID検索を年齢認証なしで使えるようにする簡単な方法(追記あり)

photo credit: Jeffrey Beall via photopin cc 目次1 MVNOスマホ、LINEの年齢認証でひっかかる2 年齢認証せずにID検索ができるようになる方法 MVNO …

はっぴーまっく

Steve Jobs、今まで本当にありがとうございました。そして安らかに。

もはや言葉になりません。尊敬してやまない、Apple創業者、Steve Jobsが56歳という若さで亡くなりました。 生きているときでさえ、もはやレジェンドであり、このまま僕らの生活にとってかけがえの …

Google+

Google+が面白すぎるその理由にもっと突っ込んでみる〜Google+はTwitterとは違うんです

目次1 はじめに2 まず始めに、「Google+をTwitterと置き換えても文章が成立する」について。3 2つめの違い。それは機能面だ。4 そして最後に。 はじめに どうも、リョウサトウ(@ryos …

はっぴーまっく

iPad 2をついにゲット!

つ、ついにiPad 2 ゲットなり! AppleStore銀座へ寄って駄目もとで「iPad 2ありますか」と聞いたところ、意外にも答えはYes!なんとも驚いた。オンラインショップではあと二週間は待たさ …