アップル 記事

iTunesで生まれて初めての不正購入されるの巻2

投稿日:2011年6月14日 更新日:

不正購入についての問い合わせで、ようやくiTunesカスタマーセンターから連絡が来た。48時間以上待たされたな。混んでるという言い訳が書いてあった。

「そんなの知りません」という回答ではなく、不正の注文番号を送れと言うことで、ちゃんと対応してくれそうな感じ。ひとまずは安心ってところだ。

ただイケてないのが、何の断りもナシにApple IDを無効にされてしまったこと。このIDはアプリケーションのアップデートやアプリの購入に必要なもので、おいそれと止めてもらっては困るのだ。確かに安全性のために止めるというのはわかるが、何の断りもないなんて。そもそもパスワードを変えたりして再発防止策はやってるのだし、必要ならID自体も変えられる。それをいきなり向こうだけの判断で止めるなんて…。

ひとまず返事をしたが、今日は返事帰ってこなかった。また二日後なのかな…。

-アップル, 記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

はっぴーまっく

古いMacをSSDでよみがえらせる

今日のテーマは、SSD。 我が家にあるメインパソコンは5年前に購入したMacBook (Late 2006)。これに音楽ファイルや動画ファイルをたっぷり入れて、Apple TVやiPadなどでホームシ …

はっぴーまっく

OS X Lion、今日から発売だって!

午前中にいきなりOS X Lionが今日出るという話が。どうやらアメリカ時間の7/20ということで、日本時間にすると21:30あたりだとか。むむむー、いきなり決まるんだなぁ。 そして迎えた夜。なんとM …

はっぴーまっく

iOSアプリのバージョンを戻す(バージョンダウンさせる)方法

どうも、リョウサトウ(@ryosatony)です!iOS(iPhone / iPod touch)用のGoogle+アプリがバージョンアップ(1.0.4)したのですが、バグのため日本語の変換ができなく …

はっぴーまっく

Google Musicのβ版を使い始めた

Googleも音楽サービスを始めようとしているらしく、Google Musicのβ版を公開して、US在住者のみ招待を受けることができるようになった(もちろんProxyをいじって自分で招待状を発行して今 …

はっぴーまっく

VMware Fusion 4 でOS X Lionの仮想マシンを作ってみた

さて、ようやく金曜日の夜がやってきたので、買ったばかりのVMware Fusion 4 で少し遊んでみました。 VMware Fusion 4 での大きな変化の一つはMacOS X Lionのインスト …