はっぴーまっく

ワンランク上のICT活用でカシコク生き抜くための情報メディア。「LIVE SMART with ICT」がテーマです。

スマホ・タブレット マネーリテラシー 記事

たったの1分!カード決済手数料無料のネットショップを作る方法

投稿日:2014年12月30日 更新日:

カード決済サービス付きのネットショップを無料で作れる時代

どうも、リョウサトウ(@ryosatony)です!ネットショップの運営などに欠かせないのがクレジットカードの決済サービス。決済システムを導入するとなると導入費用がかかるのはもちろん、決済のたびに手数料を持って行かれてしまいます。最近は決済システムが付いたレンタルサーバーを安価で提供してるところも多いですよね。

そんな中、初期費用、月額費用、決済手数料が無料の決済サービスSPIKE(スパイク)が登場しました。SPIKEを利用し、売りたい商品を登録すれば、ものの1分で物を販売するしくみができてしまいます。すごい。

SPIKE

SPIKEのサービスプランには「フリープラン」と「ビジネスプレミアム」の2種類あります。

フリープランの場合、初期費用、月額費用、決済手数料はかかりません(但し月100万円以内)。ビジネスプレミアムは初期費用0円、月額費用3,000円、決済手数料は1000万円まで0円で超過分に2.5%+30円の手数料がかかります(2014年8月現在)。

SPIKE料金表

SPIKE料金表


参考 価格 – SPIKE(スパイク)

なんで無料でできるの?

一般的にクレジットカード払いは数%の決済手数料がかかるはず。それをどうしてこのサービスは0%にできるのか。そのカラクリはフリーミアムのビジネスモデルにあるという。

(CEOの)佐藤氏は「決済のトランザクションは、上位1割が全体の9割のボリュームを稼ぎ、その他9割が1割のボリュームを稼ぐ非対称性を持つケースが多い」と説明する。SPIKEでは、今後開始する予定のビジネスプレミアムでその“上位1割”からフィーを得るほか、そこから派生する付加価値の提供によって無料サービスを進めていくという。

参考 手数料無料の決済サービス「SPIKE」、いよいよオープンベータ版を公開 – TechCrunch

つまり1割の有料サービス利用者が、9割の無料サービス利用者を支えると。なるほど。

ちなみにSPIKEを提供するmetaps(メタップス)という会社は、元アップル社長の前刀禎明さんや元Googleの村上憲郎さんが顧問として入っている。

あっという間に使い始められるのも大きな魅力

「1分で始められる手軽さ」を謳ってるだけあって、申し込みから利用開始まではホントにあっという間です。ブログなどに貼れる購入ボタンも用意されてるので、簡易的なECサイトがすぐに作れます。ソーシャルメディアへの共有ボタンももちろんデフォルトで用意されてます。

購入ボタンの貼り付け

これをブログに貼るとこんな感じになります。

今すぐ購入

なお、フリープランの場合、1つの商品あたり300円から6万円までの金額が設定できます。

参考 SPIKEで決済できる上限/下限金額はいくらですか? – SPIKE ヘルプ

ちなみにギフトカードやプリペイドカードなど、販売できないものもあるので、販売するときは事前に「SPIKEで販売できないのはどのような商品ですか?」をチェックしておきましょう。

全てが無料というわけではない。3つの手数料に注意

通常の利用上はお金が発生しないSPIKEですが、「フリープラン」「ビジネスプレミアム」ともに売上が指定口座に振り込まれる際に、振込手数料として1回500円(税込)がかかります。

振込手数料は、申請ごとの都度課金となっており、このほか、返金手続きなどでは、返金手数料、チャージバック手数料が設定されています。

参考 決済手数料も無料、Webサイトを簡単にクレカ決済対応にできる「SPIKE」 – ケータイ Watch

ショップ運営者側にお金がかかるのは以下の3パターンのようです。

・振込手数料…銀行/PayPalへの振込時
・返金手数料…ユーザーから返金のリクエストがあった時点
・チャージバック手数料…特定の取引についてチャージバック(請求の取り消し)が行われた時点

参考
ユーザーへの請求にはどのようなものがありますか?また、それはいつ行われますか? – SPIKE ヘルプ

返金(注文キャンセル)の際に処理手数料は発生しますか? – SPIKE ヘルプ

チャージバック(請求取り消し)とは何ですか? – SPIKE ヘルプ

さいごに

LINE MALL(ラインモール)なども登場し、誰もがカンタンに物を売れる時代になってきましたね。お客様の信頼を勝ち取り、多くの利益を上げられるショップの運営を目指しましょう!


-スマホ・タブレット, マネーリテラシー, 記事
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Amazon Gift Card

知っておくと絶対トクするAmazonギフト券を最大限に活用する方法

どうも、リョウサトウ(@ryosatony)です!今回はAmazonをよく利用する方なら知っておくと絶対トクするAmazonギフト券活用テクニックをご紹介します。 Amazonのギフト券はコンビニなど …

LINE

LINE(ライン)を2台のスマートフォン・タブレットで同時利用する簡単な方法

はじめに どうも、リョウサトウ(@ryosatony)です!この投稿を書いている時点の現在、無料チャットアプリのLINE(ライン)は同一のアカウントで複数の端末利用を許していません。たとえばiPhon …

はっぴーまっく

ヤマダ電機WEB.COM「ヤマダは安心価格保証」を試した

欲しい商品があったので、前からやってみたかったヤマダ電機WEB.COMのチャットで価格交渉をする「ヤマダは安心価格保証」を実際にやってみました。他店より安いものがあれば、差額をポイントで提供する、すな …

Twitter

Twitter上でのブロックについて検証してみた

Twitterでブロックするとどうなるか? どうも、リョウサトウ(@ryosatony)です!Twitter(ツイッター)で特定のアカウントをブロックするとどうなるか?自分が相手のツイートを見られなく …

はっぴーまっく

オンライン英会話を1年やって思ったこと

はじめに どうも、リョウサトウ(@ryosatony)です!去年2010年の9月から始めたオンライン英会話(Skype英会話)も、今月で早1年。最近英語についての投稿がソーシャルメディアでも増えてきた …